「気を利かせて他の人のフォローに入っても評価が上がるどころか下がる」

のを、実感として理解し、納得したので書こうと思いました。

 

私は2ヶ月前まで精神科のリワーク(復職支援)に通っていた。

その間先生に1番言われていたことは

「自分が良かれと思ってやったことでも、それが誰かの助けになっていても周りの評価がない、または評価が下がって自分が損をする。それはもっいない。」

私は周りに困ってそうだなー、と思う人がいるとつい声をかけてフォローに入ったり、他人の仕事を肩代わりして、自分が苦しくなるということをよくやってしまっていた。

それを改善する為の1つの考え方なのだと思っていた。

でも「お礼を言われたら嬉しいし、お店は損をしてないし悪いことではないのでは?」とこの考えに疑問をもっていた。

 

違った。

 

考え方なのではなく、事実としてあるのだ。と知った。

はじまりはバイト先で。

リワークへの診察費交通費薬代等が払えなく成りけたので、バイトを始めた。

バイト先はヒー●テック等でも有名なアパレルブランドで、はじめてから2ヶ月経ちそれなりの評価を得ていた。(別店舗での経験有りなのも含め)

清掃業務を任され

・服のホコリを飛ばし

・畳んで置いてある台の上を拭き

・鏡を拭く   までが私の仕事。

ここに床のモップがけとチェックが入り清掃完了なのだが、ここが問題だった。

結論を言うと「時間通りに作業が進まなかった人の代わりにモップがけに入ったら、本来担当する人から何故もっと早く出来なかったの?と聞かれたうえに清掃完了していない理由を私の不手際、『指示されないと動けない人なんですかね?』と上に報告された」。

 

私も悪かったのだ。

その人にも上にも代わりに入りますと言わなかった。

反省したので次やるならきちんと言うか、やらない。

まさか担当者から「なんでまた終わらないの?」と言われるとは思わなかった。 

 

人にがっかりしてしまうのだから、もう期待しないようにしたい。

でもそれも少し寂しい、気もする。 

おかえり

「ただいま」と言うと「おかえり」と迎えてくれる人が居ること。

 自分の帰る場所があること。

それが温かく優しい場所だと知っていること。

 

人を集団ではなく、1人ひとりに個性や帰る家、帰りを待っている人が居ること。

帰らなければ悲しむ人が居ること。

 

それを知っていれば、戦争は無くならないにしても、少なくはなるんじゃないかな。

 

72年目の終戦の日に。

聞き上手になりたーい

何やら恋人がぐれている。

分かってるのは

なんか自分がダサくなってて、そんな自分にがっかりしてる。それだけ。

 

何をダサいと思ったのか、 

誰かと話してて気付いたのか、

実家で両親となんかあったのか、

「こんな大人になるつもりじゃなかった」ってやつなのかな、

とか、聞きたい事はたくさんあるのに、「さりげなく」聞きだすって難しい。

 

14歳のねこ たま

あと2週間で14歳になる我が家のねこ

 

贅肉が揺らせるくらいだったお腹がぺったんこになるくらいに痩せて、骨張ってきて、寝ていることが多くなった。

夏バテもあるのかも知れないけど、小さくなった背中を見て歳をとったなと思う。

 

兄妹猫が亡くなって早半年。

 

こちらもそろそろお別れの覚悟をしないといけないのかと考えると寂しい。

 

どんな別れになるかは分からない。

でも少しでも後悔が少ないように、元気なうちにたくさん撫でて、傍に居て、笑って過ごしたい。

たまにも幸せな時間が少しでも長く続けば嬉しい。

 

初盆の前に死について思う。

逃げ癖がついてしまっているのを

どうやって直していけば良いのか模索中。

 

私の逃げ方は酷く、分かりやすく

自分が「嫌だな」と思った事・人から距離を取ってそのまま二度と関わらない。

自分の都合の悪いところは見ない・聞かない・認知しない。

そして時が過ぎるのを、ほとぼりが冷めるのをただずっと待ってる。

 

結果何も解決してなければ、根本も変わらない。

向き合わずに対策を取らないから、同じことが起きたときに繰り返す。

いつまでやるのか。

いつ気付くのか。

 

わかっている。

のに変えられない、変わらないのは変わった後どうなるか(環境や人間関係が私にどう影響するのか)分からないから。

不安で恐くて、そうするなら「多少不幸でも今と変わらないまま」の方が良いと思ってしまっているから。

 

いつまで経ってもそのまんま。

到来

夏が来たな、と思うこと

 

テイカカズラの花が香り

蒸せかえるような土のにおい

空の青さが濃くなり、雲の白さが際立つ

木々の緑が濃くあざやかに

そうめんが店頭に並び

氷菓が恋しくて

麦茶が美味しくて

グラスが汗をかき、氷のカランっと溶ける音

艶やかでパキッとした洋服、ネイルカラーが並ぶ

 

何かが変わりそうな、そんな予感がした時

 

私の中に、夏がくる。

子供を望まないことは悪いことですか

子供を望まない事に「なんで?」と聞いて、その考えが『悪いこと』のように責めないでほしい。

 

最近、友人の結婚や妊娠・出産のおめでたい報告を聞くことが増えた。

彼女たちは私より5つくらい歳上だけれど、自分もそれをしていい歳なんだなーと思うと歳の流れの早さと老いを感じる。

 

彼女たちの大きくなったお腹を撫でたり、赤ちゃんをだっこさせてもらったりすると、可愛いなーとか健やかに育てよーと思ったりする。

 

けれど、自分が妊娠したり出産したり、親になるという未来が想像できない。

そんな立派で大層なこと、恐ろしくて出来ないのだ。

 

結婚すれば~、そのうち~と周りは言うけれどそんな日が来るのだろうか。

というか、子供を望まないことは悪いことなんだろうか。

 

子を授かれる体であるかも知らず、

自分ひとりの面倒も見れてなくて、

経済的にも精神的にも自立出来てなくて、

精神疾患を患っていて、

発達障害の可能性も示唆されていて、

たいした貯金もなく、

明確な将来プランもなく、

自分が生きづらいと思っている世の中に「生まれたのだから精一杯生きなさい」などと言えず。

親になる覚悟も、生き続ける保証も出来ないなか、新たな命を、人ひとり育てる自信がない私が、

子供を望まないことは悪いことですか。

 

高齢出産のリスクや、育時期の自分の体力面目などを考えても若い方が自分自身もラクだろうな、というのはわかる。

 

でも、幸せにする自信がないんです。

 

リスクに囚われてちゃ何にも出来ない、というかもしれない。

どうせなら幸せになってほしいから、今は子供を望まない事を「おかしい」などと責めないでほしい。

 

産まれてくるのなら、愛されて、望まれて、来てほしい。

たったそれだけ。