失恋を癒した1冊「おひとり様物語」

今日も今日とて寂しくて泣いていたりもしたけれど、心配してくれたり、わざわざ個人に連絡をくれたりする友人もいて、有難いな少しずつ元気になれるかなと思いました。

 

もしかしたら未来で失恋することもあるだろう私に心が軽くなった1冊をオススメしたい。

 

それがこちら。

谷口史子先生の「おひとり様物語

http://kisscomic.com/kc/ohitori/index.html

 

おひとり様を満喫してる。でもたまにぽつんとした気持ちになったり、失恋や離婚に別居や不倫。

妙齢の女性たちがそれぞれの形でおひとり様になったり、そうしたりと迷いや不安や寂しさを抱えながら懸命に誠実に生きている。

オムニバス形式の漫画。

 

どの方も魅力的だったり親近感あったりして「そっか今私もこんな気持ちなのかも」

「ちゃんとひとりぼっちにならなければ」とぽろぽろと泣くところに胸を打たれたり。

 

今一番シンパシーを感じてるのは、

3巻18話の千晴さん。

2ヶ月前に7年付き合った彼氏にフラれ、彼氏を吹っ切るために引っ越しを決意!

でも部屋には思い出の品だらけで中々全然進まない。

うじうじしてたら親友から一喝!

どうしてもなものはちょっとだけ残す方向で引っ越し準備完了。

翌日、引っ越し先の荷物に足りないものが。

大事なものだからひとつにまとめて自分で持っていくんだって。そう思って手にとって………バタバタしてたからその他のゴミと共にごみ置き場に置いてしまったことを思い出して、件のゴミ置き場にダッシュするが時すでに遅し。全て回収されてました。 

 

「あの時ね、あの荷物を捨てちゃったって気付いたとき 、すごいショックで、ぼーぜんとして……」

 「でも少しほっとしたの」

ほっとした。

それだけ思い出の品たちに縛られて、でもまだ好きな気持ちを形ある思い出にしがみつく事しか出来なかった。

それがなくなった今。

「今でも好きだけど、胸のなかに今までの思い出がある。

後ろ向きかな

暗いかな

でもそう思ったら初めて

自然にさよならを言える気がした」

 

そうだよね。楽しかったことも悩んだこともたくさんあってそれは自分の中にある。

それとどう付き合っていくかは自分次第だよね!

 

と大分ポジティブになれたんじゃないでしょうか。

 

たまにぽつんと寂しく思うときもあるけど、おひとり様も悪くない。

縛られないで自分の好きを重ねて大事に生きていけたらいいな、出来るかな?変われるかな?

 

そんな風に考えて、少し気が楽になりました。

 

オススメですよ。おひとり様物語

これできっと普通でいられる。私は大丈夫。

心の思うままに書いてます。

ながい。10スクロールくらいあるかも。

今日は自分の問題を再認識させられた日だった。

ずっとなんとかしなきゃと思って、どうにも出来てない私の考え方の歪み。

 

問題点をあげるとこんな感じ

①他者起因の問題を自分自身の欠点や引け目に関連付けて落ち込む

②気が紛れるような、熱中出来るだけの趣味がない

③人に相談できない

④傷付いたことを「たいしたことない」と我慢し続けて根本を解決する力や強さや知恵がない

 

ざっくりですね。

 

解決策がぱっと出せない(出せたら解決してる)

何が問題なのかってとこですよね。

 

①今回は浮気をされて落ち込んでます。本来私に非はなく、相手側の問題なはずです。でも浮気されたことを「私が可愛くないから」「気を抜いて生活してた。綺麗にしようとする気持ちがなかったから」「気持ちが重かったかな?」「私がまともに働けてないから」「普通じゃないから」「薬を飲んで生活してるから」不当な扱いを受けても仕方がない自分だからでは?と自己否定に走ってしまう。

 

②好きなことしよう、と思って歌いに行きました。本や漫画を読もうと思ったけど、内容が入ってこなかったので。

でも全然楽しくないんですよ。

お腹から声出そうと思ってても胃が痛いし、喉から声だしてるから音は安定しないし、誰かを思う歌詞がつらかったり。

全然楽しめなかった。気分転換にならなかったんです。

そして、好きなことしよう‼って思っていたのに選択肢がこれだけしかなかったことに気付いてショックでした。

 

③人に相談できない、というよりは人を「選んでる」から出来ないのと、今の状態を「恥ずかしい、みっともない、情けない」と思っているからそんな自分を知られたくないと見栄を張ってるだけ。

根本は「他人との差を気にしすぎてる」というとこでしょうか。

結婚してる友達には「相手にに大事にされてる人に話したら、その程度の人間なんだと思われる」とか「愛されてる人にはこんな気持ちわからない」とか「どうすれば幸せになれるの?どうして私は幸せじゃないの?」と思い込みと嫉妬の塊みたいなのが出てしまって素直に話せない。

家族は妹の受験でそれどころじゃないだろうし、「そんなことで」とバカにされ傷口に塩を刷り込まれるようにしか思えない。

数少ない男友達には「男に飢えてるんだ」と自意識過剰もいいとこな思い込みが発生する。

女友達は多分優しくしてくれる。でもそんなことされたら泣いてしまう。泣いたら迷惑をかける。そう思って精一杯虚勢を張ってさらに疲れてしまう。

 

まー、ひどい。

まともな人間関係築かなかったんだな。と。

認知の歪みってやつですかね。

でも本当にそう思われるかもしれないですし。

 

何か言われて傷付くなら、言わなければこれ以上は傷付かないさ。と自分の中に閉じ込めて。

 

④最後にここ。

他に解決策があるかもしれないのに、助けてって言えば誰か助けてくれるかもしれないのに。みっともない思いをしたくない。情けないと思いたくない。

言わなければ伝わらない。誰にも知られることなどない。なら私の中に閉じ込めてしまえば、他者から傷付けられることは多分ない。

知恵がないのに、他者に知恵を借りない助けてもらわない。気にしない、乗り越えるだけの気持ちの強さもなければ、継続させられるだけの強さもない。

 

苦しいのに助けてほしいのに。

誰にも頼らない。

察して声をかけて、と雰囲気だけだして声をかけてもらうのをじっと待ってる。そんな状態。

情けないし賢くない。

分かっているけれど、弱味を見せるようでそれを批判されるのを極度に恐怖して。

助けてもらわない。

それで私は大丈夫。たいしたことないから。つらいけど、つらいけど我慢してればいつか無くなると言い聞かせて見栄を張って。

それでなんとか周囲と対等で居られると思ってるんです。

 

私は可哀想なんかじゃないよ。

みんなとおんなじだよ。

 

見下さないでバカにしないで憐れまないで情けをかけないで弱い者扱いしないで

 

きっとそんな風に思わないで「心配なだけだよ」って言ってくれると思ってます。

それでも虚勢を張るのをやめられない。

みんなと対等でいたいから。

普通の子でいたいから。

 

私は大丈夫。

浮気されて失恋。2日目

かなり殴り書きです。

 

セックスレスなんじゃないかって悩んでたら、他の女の人を抱いて、しかも会いに行ってた事が判明したため、お別れしました。

 

お別れする前日に一緒に温泉旅行に私と行き、次の日の昼に女の人に会いに行って、夜は私と過ごす。

 

純粋にすごいな。と思いました。

マメだな。浮気する人は連絡がマメって本当なんですね。

 

彼とは5年くらいの付き合いだったので飽きちゃったかなとか家族感覚なのかなと思って、セックスのお誘いを積極的にはしてなかったんですよね。

私から会いに行ったり、家事手伝ってみたり、快適に過ごせれば一緒にゴロゴロしてる間にそんな雰囲気に持ち込めるんじゃないかと期待してたんですけどね。

完全に甘かった。

 

あと、人と交わると体臭って少し変わるんですね。

なんかクサイ。いつもと違う、イヤだな。と思ったんですよ。

浮気は五感で感知しちゃうんですね。

ホント体感したくなかったわ。そんなこと。一生知らないままでいたかった。

 

浮気されて何が一番つらいって、今までやってきたことを否定されたような、このままでは誰からも一番に愛されないんじゃないかって自己否定の気持ちが強くなること。

今ホントにこれがつらい。

バレなければいい、隠し通せると思われてたことも私をナメテかかってるしムカツクことではあるんですが、怒りよりも悲しみの方がつらいですね。

内臓がぐずぐずと痛むんですよ。

 

浮気相手を好きになったわけではなく、私といるときが落ち着くし自分らしく過ごせるとか言われたんですけど、まぁ何言ってんだって感じだし、なら浮気なんてするなよ。

 

あーーーーーーぁあ。

大事にされたかったー。

私の気持ちを考えてほしかったし、軽んじてほしくなかった。

 

まっすぐに愛してほしかった。

 

そんな大きなものを望んだつもりはなかったのに。

何がいけなかったかなぁ。

 

来年の手帳はどうしようか

今年も残り2ヶ月を切りましたね。

月日の流れの早いことよ…

ついこの間までハロウィンハロウィンしてたのに、街中にはクリスマスツリーが立ってるもんね。

 表題通りですが、今回は手帳について

2018年のが出始めたので、来年はどんなのにしよっかなーと。

 

今年は「ジブン手帳mini」

コクヨさんから出ているこちらのB6版にお世話になりました。

 

手帳の目的は体調管理がメイン。

心身共に病んで、生活リズムはボロボロ。

仕事を退職してたので、プライベートオンリーで使ってました。

 

 選んだ理由は書くこと・場所がきっちり分かれてて何をどこに書こうか悩まずに書きやすいかも‼と思ったので。


f:id:yaritaikotoyaro:20171107071848j:image
f:id:yaritaikotoyaro:20171107071824j:image

メインは月間ブロックと週間バーチカルで、その他リストなどもちゃんとページが割かれてました。
f:id:yaritaikotoyaro:20171107071920j:image

 

実際使ってみたら

月間ブロックとバーチカルだけ……

リストなどはほとんど使わず仕舞いでした。

1日のコメント欄の所にもネガティブな感情ばかり書いてて(しかも字が小さい‼)読み返しても「そこからどうした」や「自分がどうしたかったか」が書ききれてない様子で、見返す気になれなかった本当に…。

 

リストなど細分化されて項目は月間や週間バーチカルの箇条書き欄に書いたり、付箋に書いて貼ったりしていたこと。

(付箋も色付きで字も大きく書いてて見やすかった…)

 

1日が24時間だったので睡眠時間をきちんと記録できたのはよかったです。

その他は何時に何したかを詳細に書くことをあまりしなかった(そこまでマメじゃなかった)ので、1日のメインの出来事や簡単な3行日記が書けたらいいなと。

 

じゃあ2018年のは…

マンスリーは必須。

見返したときに何書いたかをぱっと見られるようにサイズアップ!

英語の勉強のために3行日記が書けるよう週間ブロックをいれるか検討中。

ルーズリーフみたいに差し込めるやつもいいかもしれない。

 

あまりきっちり結論は出なかったけど、探してみますかー

 

  

 

政治家の考える政策を、偏りなく知るにはどこを信じればいいですか?

衆議院解散、選挙がはじまる。

 

北朝鮮との関係を悪化させない、国益を守るために強い姿勢で外交していく。

増税によって得られる税収の使い道の変更

をすることを国民がどう考えるのか。

先の選挙の公約とは違う政策をするために国民の信任を得てから実行したい。

そのための選挙だ。

 

安部総理の意見で、今回の選挙の「大義」なのだと私は受け止めた。

 

国の借金を減らすのにあてる予定だったものを子育て支援に使用するのはいいけど、借金が残り増え続けるのも困る。

かといって高齢者の社会保障費を削るのも、差別を感じるし、選挙対策としても良い案ではないよな……

 

などなど、自分で考えて投票に迎えたいと思っている。

 

だから誰かの思惑や思想信条を含む書き方、報道の仕方をされると困るのだ。

意味が曲解されたり、言葉の端々を繋ぎ合わせて違う意味のように受け取れる報道。

誰かにとって都合の悪い、逆に都合が良いように報道されてしまっては、何を信じていいのか分からなくなる。

 

政治家の意図と違う解釈のまま、政策を受け取り、投票する。

 

国難を解決するため、国税の使い道を国民に問う選挙のはずなのに、ミスリードされて「こんなはずじゃなかった」となれば、新しく国難を作ってしまう原因の1つになってしまうのでは?

 

テレビも新聞もネットも信用できない。

でもそれ以外での情報収集は現状難しい。

嘘か真を見極める目もまだ持ち合わせてない私にとって、偏向報道は害でしかない。

 

だらだらと長くなってしまったけど、

私の願いは「信頼できる・分かりやすい報道をしてほしい」ということ。

 

「知る権利」を持つ、24歳の現役世代の私から、マスコミ報道各社のみなさまへ

 

 

ちょっとした変化に気付いて、そう思えた自分に嬉しくなった

私が他人の評価が絶対だと思っていた頃、

後輩や同僚か変化していくのが怖かったし疎ましかった。

自分より秀でてほしくない、置いていかれたくない。何より必要ないと思われたくなかった。

劣等感の塊で出来ていた私は何とか自分を保つため表面で褒めては「でもこれは出来ないくせに」「人の陰口ばっか言うくせに」と心のなかで相手を落として見下していた。

いつも形のない「何か」に追われて焦って消耗してた。

自分で。勝手に。

 

今日、後輩の変化に「これも出来るようになったんだ。すごい、頑張ってるな」と素直に嬉しく頼もしく思った。

周りが敵でも蹴落とす相手でもなく、味方で持ちつ持たれつの助け合える(もらえる)ものに変わった時、身体が柔らかくなった。

がちがちに固めることなく、ぶつかり合う事をしなくなったら、空気の感じ方が変わった。

 

人に頼ることは恥ずかしいことでも情けないものでも負けでもないと実感できたこと。

 

私は良い子になるために生まれてきたんじゃない。

期待されるのも、がっかりされるのも。

やっぱり無理だったかと言われるのも、

だからお前なんかにできるはずなかっただろ?父さんの言ったとおりじゃないか。

 

頼むから変なことしないでくれよ。

俺の出世の邪魔になることは絶対するな。

人間なんてみんな屑ばっかなんだ。

と言ったのは父。

 

ここは貴女の家じゃなくて、お父さんとお母さんの家なの。

いつだったかそう言ったのは母。

 

心配してくれて、愛されて育ててもらった。

多分。

弟妹より「気にかけてもらえなかった」り「両親の一番」じゃないことだけは分かった。

母は弟が、父は妹を優先して手をかけた。

 

被害妄想だとわかっているけれど、「私は大事じゃない」「居なくなっても困らない」「3人同時に事故や災害に巻き込まれたとき一番はじめには助けてもらえない」のだろうと自尊心や自己肯定感を卸がねでするような気持ちで生きてきた。

 

言葉には力があって、時に人を縛る。

 

誰かのための「良い子」になるために生まれてきたんじゃない。

でも、期待に沿えない自分をこんなに嫌いになりたくはなかった。